どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
日々のつぶやき

「もしも、、、」

4月15日夜に九州熊本で地震が発生しました。
被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

みなさんは「もしも」の備えはいかがですか?
災害は被災者全員に訪れると言ってもいいです。
『防災』いや、『減災』に努めましょう

まずは「ご自身」、「家族」、そして「ペットたち」。
<最初はペットたちでしょ>とご批判もあると思いますが、
ペットたちは自分一人ではなかなか生けていけません。
まずは飼い主さんが無事でいないといけません。
私たち獣医師も自分が無事で動けないと、みんなを助けることもできません。
批判はあるかもしれませんが、私はまずは「自分」、「家族」・そして患者さんです。
災害医療は限られて中でしか出来ません。
通常では、重症患者が優先ですが、有事災害時ではトリアージが欠かせません。
飼主さん(家族)には恨まれるかもしれません、理解できないかもしれませんが、
より多くの患者を助けるためには止む終えないです。
有事災害時はみなさんの助け協力が必要です。
備えあれば憂いなし

みなさんも災害には十分に対策しておきましょう・

以下のサイトはペットの防災のサイトです
   

downwardright

http://leonimal.aisocial.jp/bo-sai/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP