どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
うさぎのお話

うさぎの胸部疾患

今回はうさぎの胸部疾患のお話しです。
高齢に近づいたうさぎさんは
胸部疾患の症例が増えてきます。(特に避妊 手術していないメスうさぎさん)
症状は突然のように、飼主さんは気付きます。
しかし、小さいサインは出しています。
主な症状としては
1.排便が少なくなり、大きさが小さくなります。

2.食欲が落ちる。好きなものしか食べなくなる。
3.呼吸が荒くなり、前歯が頻繁に観られるようになる。
4.頭を上に向けて、あたかも池のコイが餌を貰うように口をパクパク開けるような仕草をする。
5.両眼が飛び出してるようにみえる。(写真)

もしそのような症状がみられたら、ご相談ください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP