どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
犬のお話

犬の月のエサ代は?おやつ代は「1000~1999円」が最多

コロナ禍で在宅時間が増えたこともあり、ペットを飼う人が急増しました。

犬を飼う人は、月のエサ代にどれくらいの費用をかけているのでしょうか。東晶貿易(東京都港区)が運営するWebメディア「わんわんナビ」が調査したところ、「3000~3999円」が最多だったことが分かりました。

犬のおやつ代を尋ねた結果「1000~1999円」が216人で最多となりました。

次いで「1~999円」(141人)、「2000~2999円」(121人)と続きます。

全体の15.6%にあたる106人が「おやつを与えていない」と回答したのに対し、

「3000円以上」かけていると答えた家庭は97人で、14.2%と少ないことが分かりました。

主食となるエサ代だどうでしょうか。

尋ねたところ、毎月「3000~3999円」(142人)かけている家庭が最も多くなりました。

次いで「2000~2999円」(129人)、「2000円未満」(127人)でした。

エサ代にかける費用として「2000円未満」と答える人が127人いる一方、「7000円以上」も50人いて、結果にはバラつきがありました。

その要因として「犬種や成長段階によって1日の食べる量が違う」「ドッグフードのタイプによって、エサ代が2倍以上違う」「ドッグフードの購入方法が違う」の3点を指摘します。

それでは、どのタイプのドッグフードを与えている人が多いのでしょうか。

聞いたところ「ドライ」タイプが73.6%で最も多くなりました。

次いで多いのが、「半生」(13.8%)、「ウェット」タイプ(9.0%)と続きました。

水分含有量の低いエサほど、人気の傾向にあることが分かります。

エサを選ぶ際に気を付けていることは、「対象の年齢・ライフステージ・犬種」が最多で344人です。

次いで「原材料」(339人)、「商品価格」(335人)でした。

出典https://news.livedoor.com/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP