どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
犬のお話

『飼い主と離れたくない』時の仕草や行動4選

「飼い主と離れたくない」と思っている時、

ワンちゃんは仕草や行動でその気持ちを伝えています。

そんなときの行動パターンは下記の通りです。

1.飼い主の後をついてまわる

2.鳴いたり吠えたりする

3.飼い主の体に自身の体を擦りつける

4.飼い主のバッグの傍に居座る

ただし破壊行為、吠える、トイレの失敗、前足を執拗に舐め続ける、部屋の中をぐちゃぐちゃに荒らすなどの問題行動を頻発しているようだと、

それは飼い主さんへに依存した一種の精神疾患に当てはまります。

飼い主の姿が見えなくなる度に強いストレスを抱えていると、

体にも悪影響を及ぼしかねません。

普段から適度な距離感を保ったり、あるいはかかりつけの動物病院で相談したりと、

愛犬の依存症を改善する行動をとりましょう。

出展 https://gunosy.com/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP