どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
犬のお話

仏ペットショップが廃止になります

半数以上の家庭がペットと暮らすフランス。

この動物好きが多い国はいま、大きく揺れています。

再来年から、ペットショップで犬や猫の販売が禁止されることが決まったのです。

世論調査によると、フランスで何らかの動物を飼っている家庭は50.5%(2020年)。

ペットショップでも、通りかかった人たちがショーケースの前で足を止めて、動き回る子犬の姿を眺める姿が見られます。

ところが、こうしたペットショップでの犬や猫の展示や販売は、2年後の2024年には見られなくなります。

犬や猫を飼いたい場合、正規のペットショップからインターネットを通じて購入、ブリーダーから直接購入、または保護施設からの引き取りなどに限られることになります。

背景にあるのは、捨てられる犬や猫が後を絶たない現状です。

フランスの動物保護団体によりますと、毎年10万匹もの犬や猫などが捨てられているといいます。それは5月から8月に集中しています。

時期が重なるのが「バカンス」です。フランスでは多くの人が、夏に数週間単位で休暇を取ります。動物保護団体は、バカンスの先に連れて行きにくいなどの理由で、ペットを手放す飼い主がいるとみています。

社会全体でこの問題にどう向き合うか、立ち止まって考える必要がありそうです。

出展https://gunosy.com/articles/RNbvV

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP