どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
猫のお話

猫合衆国の大統領演説が話題

アメリカの大統領選挙が11月にありました。

 その就任演説を前にインスタグラムでは

一足早く猫合衆国大統領の演説が公開され、

話題となっていましたのでご紹介します。

「これは猫合衆国の紋章です。国民の皆さん、本当の問題に飛びつく時です。

例えば、誰でもいつでもツナにありつける権利、全ての家庭における綺麗な水の供給、全ての猫のお腹をなでるための助成金といった問題です。」

というセリフでコビー大統領の演説が始まりました。

「楽しそうなので政府から役立たずの猫(政治家)を全員排除します。そして、2023年までにすべての掃除機も排除します」と公約を高々と宣言。

「明言しますが、これは右翼(右の羽)や左翼(左の羽)についての話ではありません。鳥丸ごと1羽についての話です」

とツナ、チキン、サーモンなどやたらと食べ物の話が多い大統領のようです。

インスタグラムのコメントには、

「コビーに1票入れるわ」「指導者は猫がいい」「アメリカ国民が望んでいるのはコビー大統領」「4年前に大統領選に出馬していればなあ」「可愛すぎる大統領」「政治献金がわりにツナ缶どうですか?」

と多数の声が寄せられています。

出典:https://gunosy.com/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP