どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
犬のお話

犬が飼い主にくっついて寝るのは「大好きだから」だけではない!?

部屋でくつろいでいるときに、愛犬がくっついて寝てくれるとうれしくなりますよね。

飼い主としての幸せを感じるひと時ではないでしょうか。

愛犬が飼い主にもたれ掛かったり、顎やお尻など体の一部をくっつけたりして寝るのは、もちろん飼い主のことを大好きだからこそですが、それ以外にも3つの心理が働いているようです。

1.温まりたい

犬だって寒いときはあります。特に、シングルコートの犬、短毛種、小型犬、子犬、高齢犬などは寒さに弱いとされています。

2.安心したい

犬が野生動物だった時代、眠る時には仲間同士で折り重なるようにしていたそうです。

その名残で、信頼できる相手に体をくっつけると安心できると言われています。

3.そばにいたい

できるだけ好きな相手のそばにいたいと思うのは、人も犬も同じ。飼い主さんのことが大好きなら、寝るときもくっついていたいと思っても不思議ではありません。

いつまでもこうした心理でくっついて寝てもらえるように、愛犬にとって信頼できる大好きな飼い主でいたいものです。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP