どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
犬のお話

“英国で最も危険な植物”に触れた犬 

イギリスで最も危険と恐れられている植物は、

毎年夏が近づいてくると多くの被害者を出している。

このほど散歩中に普段通り草むらへ入って遊んでいた愛犬がこの植物に触れてしまい、

数分後には顔が2倍に腫れ上がってしまった。

点滴を半日受けるほどの治療を受けた犬の飼い主は「命に関わることもある」と注意を呼びかけている。

その植物とは”ジャイアント・ホグウィード”というセリ科の多年草植物で、

“イギリスで最も危険な植物”と言われている。

14フィート(約4.2メートル)以上にも生育するというこの植物は、

直接または茎が折れた時に出る液体に触れると太陽の光によって

15分ほどで化学反応を起こす。

症状としては水ぶくれを伴うひどい火傷や、

アレルギーに似た症状を起こすこともある。

深刻なケースでは長期間の日光過敏症になってしまったり、

目に触れた場合は失明してしまうこともあるという。

ジャイアント・ホグウィードは繁殖力が非常に強く、

夏に向かって気温が上昇すると成長して花を咲かせる。

その見た目は一見すると無害に見えるため、

素手で摘んでしまい火傷を負う子供も多いそうだ。

その危険性と強い繁殖力から、米ニューヨーク州は販売、輸入、購入、輸送、導入、繁殖させることを法律で禁じているほど危険物扱いされている。

エマさんは「恐らく最近の暑い気候により、ジャイアント・ホグウィードが繁殖したのだと思います。幸いにもヘクターをすぐに病院へ連れて行くことができたので大事には至らず、今は抗ヒスタミン薬を飲んだことで回復しています」とヘクターの無事を明かした。

この地域だけではなく、ペットがホグウィードに触れないように飼い主には気を付けていただきたいです。すぐに治療しなければ命に関わることもあります」と注意を呼びかけた。

出典:https://www.cnn.co.jp/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP