どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
猫のお話

吾輩は社猫である 所属は「癒し課」

東京都足立区に、猫を社員として迎えているユニークな会社がある。

同人誌などの印刷を担う「しまや出版」だ。

「事故に遭わないように」と招き入れた野良猫たちが、いつしか会社を支える重要な存在になっていった。そんな「社猫」たちとの日々を、フォトブック「私たち『癒し課』に配属されました」として出版した。

しまや出版は、荒川と隅田川に挟まれた、町工場や住宅が立ち並ぶ地区にある。同社代表取締役の小早川真樹さん(49)によると、周辺は交通量が多く、車にひかれる猫が後を絶たなかった。そんななか、従業員が同社の向かいの空き家に住み着いていた野良猫2匹と仲良くなった。

「せめてこの子たちだけでも事故に遭わないように」と、時間をかけて2匹と距離を縮め、事務所に招き入れた。そして、2010年、猫の日の2月22日、社内に「癒し課」をつくり、社員として「とら」と「タンタン」を迎えた。

猫たちの世話は、休日も猫好きのスタッフが交代で行う。

「癒し課」ができ、繁忙期にはスタッフが猫たちとじゃれることで癒やされたり、真剣な会議中でもぴょんとテーブルの上に飛び乗る猫たちに思わず笑みがこぼれたり。

小早川さんも「忙しい時期でも、殺伐とした感じがなくなりました」と評価する。原稿を持ってきたお客さんへの「接客」も得意だ。

フォトブックは、昨年2月に「癒し課」が設立10周年を迎えたことを記念して企画された。猫たちの様子は日々SNSでも発信してきたが、製本業の会社として、本を手に取ったときの感動を大切にしてほしいとの思いもあった。

出版時までに会社と関わってきた全18匹の猫たちを登場させ、掲載する写真はすべて従業員が撮影したものから厳選した。

小早川さんは、フォトブックを通して、「人と動物が共存する優しい世界につながれば」との願いを込める。

保護した猫には、人からの虐待で傷ついた猫もいた。

「かわいい猫たちの様子を通し、何か気づきがあったらうれしいです」と語る。

 

区内の小中学校や大学、図書館などにも寄贈している。

出典:https://news.livedoor.com/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP