どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
犬のお話

臆病にならないためには

犬にも様々な性格があり、怖がりで臆病な性格の犬もいます。
臆病な性格の犬は慎重であるとも言えますが、常に警戒してビクビクしているためストレスを感じてしまいます。

性格は持って生まれたものもありますが、飼い主さんの接し方や生活習慣が犬の性格に影響を与えることもあります。
臆病にならないようにするには、
社会化期と呼ばれる生後3週~12週の間に外へ出して様々な刺激を受けさせてあげることが大切です。
そして、飼い主さんが頼れる存在となって愛犬に安心感を与えてあげましょう。
そうすることで愛犬は不安に感じる場面に遭遇しても、
「飼い主さんがいるから大丈夫!」と勇気が持てるようになるはずです。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP