どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
猫のお話

猫が噛む時の4つの心理

1.歯がかゆい

歯の生え始めや歯の生え変わりの時期の子猫は、

歯がムズムズかゆくなり、身の回りの物や飼い主さんの体を噛んでしまうことがあります。

2.もうやめて!

猫を撫でていると、急に噛んでくる場合があります。

さっきまで気持ち良さそうにしてたのに何で?と思うでしょう。

猫の気持ちはコロコロと変わるものなので、

耳を倒す「イカ耳」になったり、シッポをバタバタと動かし始めたら、

もうやめてほしいのサインです。

3.ストレスが溜まっている

猫は意外にもストレスを感じやすい動物。環境の変化や、飼い主さんの日々の行動が猫にストレスを与えてしまうこともあります。

過剰なストレスにより、飼い主さんに八つ当たりをするかのように、

噛みつくことがあります。

4.遊びの延長

猫の本能はハンターです。

飼い主さんとオモチャで遊ぶことは、猫の狩猟本能をくすぐり、

とても大切なことです。

夢中になって遊んでいるうちに、飼い主さんの指や手の動きが獲物に見え、

噛んでしまうこともあります。

出典:https://gigazine.net/news/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP