どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
猫のお話

猫ちゃんの腹部のたるみはにゃに?

猫ちゃんが歩くときにぷるぷると揺れるおなかが脂肪でなければ一体何なのか、

その正体について科学系ニュースサイトのLive Scienceが解説しています。

あれはルーズスキンという部分らしく、正常で健康なものだそうです。

どんな意味があるのかという説は3つあります。

1つ目の説は「戦闘の際に敵の爪や歯を腹の中に

食い込ませないようにして、

内臓を保護するため」というもの。

2つ目の説は「猫ちゃんがより速く移動できるようにするため」というもの。

ルーズスキンが伸び縮みすることで、体の柔軟性が増し、

より遠くまで走ることができると考えられています。

そして、3つ目の説が「大量に餌を食べて、そのエネルギーを保存するためのスペースになっている」というもの。

大きな獲物を仕留めて食べて蓄えた脂肪を貯蓄することで、ルーズスキンが栄養タンクとして機能するというわけです。

出典: https://www.tyojyu.or.jp/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP