どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
猫のお話

ライオンに幸せホルモン

愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」をライオンの鼻にスプレーすると、群れの仲間で遊ぶ際の距離が縮まったり、他の群れのほえる声に対する警戒が弱まったりする効果があったと、米ミネソタ大の研究チームが米科学誌アイサイエンス電子版に発表した。

開発や戦乱などで生息地を追われたライオンを保護したり、廃業した動物園やサーカス団からライオンを引き取ったりした後、群れで飼育する際に役立つ可能性があるという。

参照:https://www.jiji.com/jc/article?k=2022033100018&g=int

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP