どうぶつのシアワセを一番に

オンライン
予約
042-
349-2777
お問い合わせ
うさぎホテル
求人情報
Instagram
LINE
うさぎのお話

桂浜水族館のえとの引継ぎ式:うさぎから「龍魚」へのバトンタッチ

高知市では毎年恒例となっているえとの引き継ぎ式が、桂浜水族館で行われました。
今年のえとのうさぎから、来年のえとの「辰」に因んで「龍魚」と呼ばれるアジアアロワナへとバトンが受け継がれたのです。
桂浜水族館と市内の動物園「わんぱーくこうちアニマルランド」が協力して実施されるこの引き継ぎ式。今年は水族館でのセレモニーが開催され、卯年に因んで動物園のうさぎ「カシス」と「フィグ」が出席し、来年の辰年に因んで水族館で飼育されている「アジアアロワナ」が参加しました。
バトンを受け取ったアロワナには、飼育員から委任状が手渡されました。
「アジアアロワナ」は主にマレーシアに生息しており、桂浜水族館で飼育されている種類は金色の光沢が特徴で、「金龍」とも呼ばれています。この迫力満点な魚は、ゆったりとした優雅な泳ぎを見せ、訪れた愛媛県の18歳の専門学生は「アジアアロワナはうろこが大きいなと思いました。
検定などを取得して竜のように上を目指したいです」と感想を述べました。
桂浜水族館の土居由人魚類主任は、「アジアアロワナは『金龍』と呼ばれている魚なので力強く高みを目指すような1年にしてほしいのと、うちの水族館に金運が舞い込んでくれるのを期待しています」とコメントしました。
これからの一年、「龍魚」は力強く、高い目標に向かって泳ぎ続けることでしょう。
桂浜水族館では、新たな年に向けて金運を期待し、訪れる人々に幸運と興奮を届けることでしょう。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 緑色のゴールデンレトリーバー誕生!?

  2. うさぎの膀胱結石と腎臓結石について

  3. 平和すぎると話題!猫のこたつ最適温度は?

PAGE TOP