どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
うさぎのお話

うさぎの誤食

ある日、ウサギの飼い主さんから電話がありました。

飼い主さん:「うちのウサギが○○を食べてしまったんです。どうすればいいでしょうか?」と、心配そうに尋ねました。

獣医:「ウサギは犬や猫と違って、催吐(吐かせる)処置ができません。胃洗浄はできますが、リスクが伴います。症状が出る前に治療したいというのであれば、胃洗浄をすることもできますが、リスクがあります。」

そして、獣医は飼い主さんに注意点を伝えました。

獣医:「ウサギを部屋で遊ばせるときは、色々なモノをかじってしまわないように注意してくださいね。ウサギの予防は、何よりも大切です。」

飼い主さんは、獣医さんの言葉を心に留め、ウサギを健康に育てるために、日々の注意を怠りませんでした。そして、ウサギも元気いっぱいに過ごすことができました。

上記の飼い主さんとの会話のように当院を含めほとんどの動物病院では齧って飲んでしまったことに対する治療が出来ません。やはり齧らせないように飲み込まれないように飼い主さんの注意が必要です。

大切なウサギさんを守れるのは飼い主さんしかおりません。
当院ではアドバイスもしますので、ご来院の際にはぜひ聞いてください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP