どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
アクセス
うさぎのお話

ウサギちなみ「兎取県」 「耳の日」限定、改名し観光PR

3月3日は「耳の日」ということで、長い耳がトレードマークのウサギに敬意を表し、通称「ウサギの日」として親しまれています。そして、因幡の白うさぎ伝説で有名な鳥取県では、1日限定で県名を「兎取県」に改名しました!

この日、鳥取市白兎の道の駅「神話の里白うさぎ」には、県内で活動する7体の「ウサギ型」ゆるキャラクターが集結し、鏡開きで「兎取県」の誕生を祝いました。わらべ館の「ロビット」、智頭急行の「スーパーはくとくん」、自衛隊鳥取地方協力本部の「トピコ」など、県内のウサギ愛好家にはたまらない光景だったことでしょう。

また、道の駅以外にも、わらべ館や県立博物館、道の駅「清流茶屋かわはら」などでもウサギにまつわるイベントや展示を開催。県庁では窓口の職員が、ウサギの耳を再現したかぶり物を着用して1日限定の「兎取県」職員として働いたそうです。

鳥取県では、干支が卯年の今年、因幡の白うさぎ伝説にあやかり「白うさぎ年」として観光PRを展開しています。平井伸治知事は、「県内各地にウサギのキャラクターがいる鳥取県。ぜひ遊びに来てウサギの聖地を満喫してほしい」とアピールしています。この機会に、ぜひ鳥取県を訪れて、ウサギたちとの素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

関連記事

  1. ネコにマタタビ与えても..依存症や毒性は?

  2. 懐かしのうさぎの人形「ダンシングラビット」JR新潟駅に復活【新潟】

  3. 「たれみみうさぎのリッキ」ベルギーの絵本作家によるベストセラーが復刻

PAGE TOP