どうぶつのシアワセを一番に

オンライン
予約
042-
349-2777
お問い合わせ
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
うさぎのお話

多頭飼育崩壊

「ウサギの交尾は30秒 同じ空間ですぐに”妊娠” ゴミ屋敷の中で”多頭飼育崩壊”が起きていた 保護ボランティアからも悲鳴が【チャント!追跡】」という報道がありました。

この報道によると、名古屋市港区に住む50代男性が病気で急死したことにより、家の中が「多頭飼育崩壊」状態になっていたようです。この中にはウサギも含まれており、ウサギ保護ボランティアが20匹の中から5匹を自宅で預かっていたそうです。

ウサギは、おとなしくほとんど鳴かないため、ペットとして飼われることが多くなっていますが、繁殖能力が高く、オス・メス同じ空間に置かれればたった30秒で交尾し、妊娠してしまうことがあるため、注意が必要です。

実際、ウサギ保護ボランティアが保護した1匹のウサギが、取材後に妊娠していたことが分かったそうです。

このような多頭飼育崩壊が起こる背景には、ペットブームの影響もあるかもしれません。最近では、ペットを飼うことが流行しているため、飼い主になることが簡単になっています。しかし、ペットを飼うことは、単なるモノではなく、責任を持って世話をすることが必要です。

多頭飼育崩壊を防ぐためには、ペットを飼う前に、飼うことができる環境や時間、費用を確認することが重要です。また、繁殖の管理も必要です。自分で飼える数を超えないようにし、適切な処置を行うことで、多頭飼育崩壊を未然に防ぐことができます。

この報道を通じて、ペットを飼う前に責任を持って考えることの大切さを改めて認識し、ペットを飼う際には、適切な知識や情報を得ることが必要であるということを知ってほしいと思います。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 触ると大事件が!? 捜査見守る警察犬銅像

  2. 「ネコノミクス」、経済効果2.5兆円!?

  3. 【うさぎ好き必見!大阪で開催の物販&写真展】

PAGE TOP