どうぶつのシアワセを一番に

オンライン
予約
042-
349-2777
お問い合わせ
うさぎホテル
求人情報
Instagram
LINE
犬のお話

犬がおなかを見せてくるのは服従のサインだけじゃない!

ワンちゃんが何気なく見せる行動のメッセージを理解しているでしょうか?  

同じ仕草であっても、色々な心理が隠れているのです。

犬がお腹を見せる仕草に隠された心理について4パターン解説します。

①信頼・甘え

飼い主さんの目の前で仰向けになり、体をくねくねさせながらお腹を見せてくることがあるでしょう。

このとき、犬は飼い主さんに甘えており、「撫でてほしいな」とアピールしています。

この行動は信頼している人にしか見せない行動なので、アピールが見られたら優しく撫でてあげてください。

②リラックスしている証拠

犬が自分だけでいるときにお腹を仰向けにして寝ていることがあると思いますが、

これはリラックスしているときに見せる仕草です。

しっぽもダラーンとしている様子が見られるでしょう。

③服従(降参)のサイン

犬にとって、おなかは弱点。自分の弱いところを相手に見せることによって、服従の意思表示をしています。

お散歩やドッグランでほかの犬に会ったときに、こうした行動を見ることがあるかもしれません。

④飼い主さんに怒られると察知して「落ち着いて」と伝えている

愛犬がイタズラをしたあとに、まるで「てへっ♪」というようにお腹を見せてくることがないでしょうか?  

これは、飼い主さんに怒られそうな気配を察知して、「落ち着いて」というメッセージを伝える意味合いがあるようです。

以上4パターンご紹介しました。

もしも愛犬がおなかを見せていたら、

今どんな気持ちなのかを考えてみてください。

甘えのサインだったら、

スキンシップをとってあげると喜んでくれるでしょう。

出典https://news.livedoor.com/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 散歩を拒否!飼い主のアイディアが話題に

  2. ウサギの毛球症にパパイヤサプリメントは有効?無効?獣医師が解説!

  3. 触ると大事件が!? 捜査見守る警察犬銅像

PAGE TOP