どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
うさぎのお話

「たれみみうさぎのリッキ」ベルギーの絵本作家によるベストセラーが復刻

「おむつのなか、みせてみせて!」から始まり、世界中で子どもたちに愛されるベルギー出身の絵本作家、ヒド・ファン・ヘネヒテンが25年前に発表したベストセラー絵本が、ついに再び登場しました。
この絵本では、耳がいつも右だけダラーンと垂れ下がっているうさぎのリッキが主人公。
リッキはみんなに「たれみみ」とからかわれ、その耳をピーンと立てるために奮闘します。
物語の中で、リッキは悩みながらも、やがて自分の違いに気づきます。その違いこそが、彼自身の独自な個性であり、他の誰とも異なることに誇りを感じるようになるのです。
この心温まる物語は、人は他者と比べることで悩むことがあるけれども、自分自身を受け入れることの大切さを教えてくれます。
「たれみみ」のリッキが抱える悩みや戦いは、子どもたちだけでなく、大人たちにも共感を呼び起こすことでしょう。特に、自分と他者との比較からくる落ち込みや焦り、それを解放する難しさは、多くの大人が直面するテーマです。
リッキの成長と自己受容の過程は、読む者に新しい気づきをもたらすことでしょう。
この絵本は親子で楽しめるだけでなく、やさしく多様性の基本に触れられる一冊です。物語を通じて、子どもたちは他者との違いを受け入れ、自分自身も大切にすることの素晴らしさを学ぶでしょう。
大人たちも、子ども時代に抱えた悩みや違和感を振り返りながら、心に染みるメッセージを見つけることができることでしょう。「たれみみ」の冒険は、読む者に愛と希望を届けてくれることでしょう。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP