どうぶつのシアワセを一番に

オンライン
予約
042-
349-2777
お問い合わせ
うさぎホテル
求人情報
Instagram
LINE

うさぎの子宮の病気について

今日は、うさぎの子宮の病気についてお話します。
メスのうさぎは年をとるにつれて、子宮疾患にかかる可能性が高くなります。うさぎの老いる速度はうさぎの個体によって異なりますが、私たちの病院では7歳以上を高齢としています。ただし、子宮疾患は若いうさぎでも発生することがしばしばあります。そのため、私たちは3〜4歳頃のうさぎに対しては、避妊手術をお勧めしています。

飼い主は、麻酔によるリスクや手術後にうさぎに与える影響について心配されることもあると思います。しかし、子宮疾患(特に子宮腺癌)は、肺転移を引き起こす可能性があるため、避妊手術をお勧めします。後で子宮疾患を発症した場合に、避妊手術を受けていればよかったと後悔する飼い主の方も多くいます。
強制することはできませんが時を戻すことができませんので、避妊手術をご検討ください。

決定を下す前によく検討していただきたいと思います。

PAGE TOP