どうぶつのシアワセを一番に

オンライン
予約
042-
349-2777
お問い合わせ
うさぎホテル
求人情報
Instagram
LINE
犬のお話

飼い主がストレスを感じると、犬もストレスを感じていることが判明

スウェーデン、リンショーピング大学の研究者は飼い主さんとワンちゃんのストレスの増減が一致していることを突き止めた!

今回の研究では、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールに注目して調査をしました。
コルチゾールは血液の中を循環しながら、人間の髪や犬の毛に痕跡を残します。
つまり毛を調べるとストレス度合いがわかるのです。

ストレスと関係がありそうな項目として「犬用の庭、飼い主の労働時間、多頭飼い、性格」などがありますがこれらの項目は、ストレスとの関連性が見いだせなかったそうです。 意外ですね。

性別に関しては、オスよりはメスのワンちゃんのほうが、飼い主さんのストレスと強く関係しているという調査結果がでたようです。
こうしたことを考えると、もしかしたらメスのほうが飼い主さんへの共感力が高いのかもしれません。

抱きしめあってお互いを癒そう

今日はヒドい1日だった――そんな風に思っているときこそ、帰宅後一番にワンちゃんを抱きしめてあげましょう。

柔らかい温もりにあなたは癒されることでしょう。それがワンちゃんの癒しにもつながります。
出展:https://news.nicovideo.jp/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 散歩を拒否!飼い主のアイディアが話題に

  2. ウサギの毛球症にパパイヤサプリメントは有効?無効?獣医師が解説!

  3. 触ると大事件が!? 捜査見守る警察犬銅像

PAGE TOP