どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
犬のお話

作物を荒らす猿除けのため、飼い犬をトラ柄にペイントした農

日本では田畑の作物を荒らす野生動物を追い払うために昔からカカシを使ってきたが、

このほどインドで猿から作物を守るため、
飼い犬にちょっとした工夫を凝らしたことが話題になっている。

これが猿を追い払うのに成功したため
村中で流行り始めているようだ。

インドのカルナータカ州ナルル村で農家をしているスリカンス・ゴウダさんは
自分達でコーヒーなどを栽培しているが、
野生の猿に荒らされていることに頭を悩ませていた。

人間の姿を見ても恐れることのない猿に、
トラのぬいぐるみを使って追い払っていたようだ。
しかし猿はすぐにトラではないことに気づいてしまい、あまり効果がなかった。
そこで猿が本物のトラがいると見間違えそうになるものを思いついた。

飼い犬の“ブルブル(Bulbul)”にトラ柄の模様をペイントしたのだ。

ラブラドール・レトリバーと思われるブルブルは、
クリーム色の身体に黒の縞模様が描かれたが、
スリカンスさんによるとトラに扮したブルブルの猿除け効果について次のように語った。

「畑に毎日朝夕2回、ブルブルを連れて行くのですが、
猿がブルブルを見て逃げていくのを目にしました。
それ以来、猿は私の農地に来なくなったのです。」

さらにスリカンスさんの娘も、
「以前は猿による被害のためコーヒーの収穫に大きなダメージがありました。
猿を脅すためにブルブルをトラ模様にするというのは父のアイデアでした。
今では村のみんなが父のアイデアに感謝して同じように犬を使って猿を追い払っています」と明かしている。

このスリカンスさんのアイデアはSNS上で話題となり、
「猿を殺せと命じた州政府よりも賢い方法だと思うよ」
「猿は今、対策会議を開いている頃なんじゃない?」
「犬に虎のような服を着せたらどう?」といった意見があがっている。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP