どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
猫のお話

売り上げの2%が保護猫のために寄付される「ネコ専用こたつ付きみかん」

紀州うめどりや和歌山グルメのネットショップ「チキンナカタ」を運営する有限会社中田鶏肉店は、
日本初となるネコ専用こたつ付きみかん「猫と、こたつと、思い出みかん」の正式販売を開始した。
「猫と、こたつと、思い出みかん」は店主が猫好きであったことから、
猫好きのためのみかんがあってもよいのではないかという想いで企画したオリジナルのみかん。
売り上げの2%が保護猫のために寄付され、 本年度はすでに予約だけで1,300箱の申込みがあるという。
”こたつに猫”という組み合わせは、
”こたつにみかん”とならぶ冬の風物詩だが、
最近では家にこたつがない人も増えている。

撮影した写真はハッシュタグ「#猫とこたつと思い出みかん」をつけてInstagramまたはTwitterで投稿すれば、 1投稿につき2円が、
こちらも保護猫のために寄付(投稿する写真は家の人間用こたつと猫ちゃんの写真でもOK)
回使用する「土生(はぶ)みかん」「天田みかん」は、和歌山の有名な 有田みかんにひけをとらない味の濃いみかん。
ただ有田みかんに比べるとまだまだ知名度が低いために、
一生懸命育てた農家さんたちが望むような価格で買い取ってもらえなかったり、 大きな流通に乗りにくいという課題が今なおあるという。
この「猫と、 こたつと、 思い出みかん」を通じて、 届いたとき、 箱を開けたあと、 そして食べたときそれぞれに喜びのある「一粒で3度おいしいみかん」を味わってもらい、愛情たっぷりのみかんを育てている和歌山の農家さんたちに貢献するという。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP