どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
犬のお話

誤食・中毒2

先日はクリスマス前ということでチョコレートの誤食についてブログを更新させて頂いてます。

本日は年末年始に気をつけて頂きたい食べ物があるのでお知らせします。

1つはお餅です。

とくにわんちゃんは食べ物を咬まずに飲み込んでしまうクセがあります。

誤ってお餅を飲みこんでしまうとのどに詰まってしまうこともあります。

小さいお子さんやお年寄りが餅を喉に詰まらせると窒息の危険があるのと同様にわんちゃんも気をつけなければなりません。

年末年始はお餅が食卓にならぶことが多くなるとおもいますので十分にお気をつけ下さい!

もう1つはアルコールです。

ビール等は発酵臭がしたり、苦いのであまり好んで飲むわんちゃんは滅多にいませんが、日本酒は甘みもあるので誤って飲んでしまうことがあります。

私たち人間の体重を約60kgとすると3、4kgの小型のわんちゃんなどは私たちの体重の10分の1以下になります。

お酒に弱い人なら分かるかと思いますが、少しのアルコールだけでも酔っぱらってしまいますよね?

それを私たちの体の10分の1以下のわんちゃんが飲んでしまったらと思うとちょっと怖いですよね。

特に日本酒等のお酒はアルコール度数も高いので気をつけて下さい。

あとワインについてなのですが、ワインはご存知の通りぶどうから作られています。

ぶどうは動物が大量にたべてしまうと腎不全等を起こしてしまう可能性もある食べ物です

何の成分が悪いのか未だよくわかっていないため、『ぶどうを食べてはいけない』ngということをあまり知らない飼主さんもいるかと思います。

ワインはアルコールとぶどうの両方の影響が出る可能性もあるので要注意ということですね。

もし急性アルコール中毒になった場合は吐き気、中枢神経症状(ふらふらする)、おしっこによくいくなどの症状が出てきます。

私たちが酔っぱらってしまった時と同じですね。

急性アルコール中毒は人でもあることなので知っている方もいらっしゃると思いますが、一度体内に吸収されてしまうと解毒したり中和したりできません。

そのため点滴をして血中アルコール濃度を下げるといった治療になります。

一端中毒になってしまったら大変なのでお酒は要注意ということです!

年末年始、ついついコタツの上に食べ物飲み物を置きっぱなしにしてしまうこともあるかもしれません。

誤飲誤食はきをつけてさえいれば防げますので、くれぐれもわんちゃんねこちゃんが誤食をしないように注意してあげてください。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP