どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
猫のお話

「にゃんたま旅館」ピンチ!保護猫100匹、コロナ禍で餌代が負担に

野良猫の保護活動に取り組む老舗旅館「新玉旅館」が大分県別府市にある。
猫好きの間では「にゃんたま旅館」の愛称で親しまれているが、約100匹の猫の餌代や治療費が大きな負担になっている。
新型コロナウイルスの影響で売り上げが
例年よりも5分の1ほどに減少したのだ。
4代目おかみの後藤藤恵さんは約20年前、
野良猫を助けたことがきっかけで保護活動を始めた。

これまで不妊・去勢手術やワクチン接種した300匹以上を新しい里親に無料で譲ってきた。病気や高齢で引き取り手のない猫は最期まで面倒を見ている。

 今では館内の保護猫は約70匹。

さらに周辺で暮らす約30匹の地域猫も世話する。

計100匹の餌代や治療費は毎月70万円以上かかる。

心配した宿泊客らが支援金を集めたが今月で底をつく。

 後藤さんは「多頭飼育崩壊には絶対したくないので、猫たちのためにも乗り切りたい。

眺めるだけでも癒やされるので会いに来てほしい」と語った。

出典:https:// https://prtimes.jp/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP