どうぶつのシアワセを一番に

ネット
予約
042-
349-2777
アクセス
うさぎホテル
求人情報
Instagram
ペット手帳
猫のお話

猫ちゃんがしょんぼりしてしまう原因

1.期待外れ

飼い主さんが開けた何かのパッケージの音。

猫ちゃんは「おやつ?」と期待が高まります。

おやつが貰えると思ってダッシュで駆けつけたのに、飼い主さんが開けていたのは猫とは何にも関係のないものでした。

こんな場面に、猫は期待ハズレでしょんぼりしてしまうかもしれません。

「せっかくおやつかと思ったのに…」がっくりを肩を落とす猫の姿が、目に浮かびます。

2.失敗を笑われた

身体能力抜群の猫でも、時には失敗することがあります。

ジャンプしたのに落ちてしまったり、狭い場所に挟まって抜けなくなったりなど…。

そんな場面を飼い主さんに見られて笑われたら、しょんぼりしてしまうことでしょう。

プライドが高い生き物なので、平気そうに見えて実は傷ついている可能性が。

3.怒られた

登ってはいけない場所に乗った。何かを落として壊してしまったなど、

飼い主さんに叱られてしまうことがあると思います。

叱られたことでしょんぼりとしてしまうこともあるのです。

ですから、叱りすぎには注意しましょう。

信頼関係にヒビが入ってしまうかもしれません。

そもそも猫を注意してその行動を制限するのは結構難しいので、

猫ができないように工夫する方が簡単です。

飼い主さんが叱る必要のないように、環境を整えて行くことをオススメします。

4.家族の誰かがいなくなった

猫にとって飼い主さん一家や他の動物も環境の一部です。

もし誰かが欠けたとしても、ストレスを感じてしまうことがあります。

いつもいる存在がいなくなった…。その事実にしょんぼりしてしまうのです。

仕方のない場合もありますが、

なるべく周りの環境を変えないように気をつけてあげましょう。

たとえしょんぼりしてしまったとしても、

飼い主さんの深い愛情を惜しみなく与えていけば元気を取り戻してくれるでしょう。

出典https://gunosy.com/

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  1. 猫カフェ美術館「ニャージアム」

  2. 【ウサギの避妊手術】メリットとデメリットを考えてご判断ください

  3. ウサギの健康を守るために、専門的な知識を持つ獣医師が必要です

PAGE TOP